マイホームを建てるなら注文住宅の見学に行こう

建物の大きさや形の規制

つみきの家

プランに直接影響する

高崎に注文住宅を建てる際には、プランに直接影響する建物の大きさや形についての規制には、気をつけなければいけません。都市計画法には用途規制という決まりがあります。都市の環境を整えるため、地域ごとに建てられる建物の用途を制限しておこうというものです。そして住宅中心の地域、商業施設中心の地域、工業地域など12の用途地域を定めています。特定行政庁は、都市計画区域をこれらのエリアに分けて指定していますが、高崎では注文住宅は工業専用地域以外ならどこでも建てられます。さらに建築基準法では、この用途地域ごとに建物の形や大きさを制限しています。建ぺい率、容積率、斜線制限、日影規制などでこれらをまとめて形態規制と呼んでいます。建ぺい率とは、建築面積÷敷地面積のことです。建築面積は水平投影面積といって、建物を上から見た時の1番外側の輪郭で囲まれた部分の面積で測ります。必ずしも1階の面積でないことに注意してください。2階が1階よりもせり出しているようなケースでは、2階の方が外側になるからです。また、軒、庇などで1m以上突き出たものは1mを差し引いた分だけ含めることになっており、所定の開放性があるとみなせる部分は含めなくてもよいとする優遇規定もあるなど、細部には詳細な定めがあります。そしてこの建ぺい率の上限が指定されます。例えば建ぺい率60%の場合、大まかに言うと、高崎に注文住宅を建てられるのは、敷地面積の60%までで、残りの40%は庭や駐車スペースなどの屋外空間にしなければなりません。庭は中庭にしたり、開放感のあるデッキを設けたりと様々に計画できますが、高崎の注文住宅は、建ぺい率との関係も踏まえて検討する必要があります。